仮想通貨の代表格である仮想通貨の紹介

買い時の通貨
世界で仮想通貨は約1500種類以上あると言われていますが、その中でも日本の仮想通貨取引所に上場している仮想通貨は全部で14種類あります。

ちなみに、世界で1500種類以上の仮想通貨の中には詐欺コインや脆弱なコインも多いので日本の取引所では金融庁が規制をしているため、全部の仮想通貨を取引することができません。

仮想通貨の中で一番有名で代表格的な存在であるのが、「Bitcoin(ビットコイン)」です。ビットコインは世界で一番最初に作られた仮想通貨です。

特定の店舗で使える電子マネーとは違い、円やドルのような実在しているお金と一緒のように世界中で利用できる通貨になることを目的として作られました。

ビットコインの最大の特徴というのは「管理者が存在しないこと」です。ブロックチェーンという技術で作られており、ネットワークの参加者全員でビットコインを管理しています。

次に仮想通貨と聞くと出てくるのが多いのは「Ethereum(イーサリアム)」です。先ほど紹介したビットコインと同じブロックチェーンを使用しており、ビットコインでできることはイーサリアムでもできますが、イーサリアムの方がビットコインより機能を拡張されています。

イーサリアムの特徴というと「分散型アプリケーションプラットフォーム」です。イーサリアムが使用している分散型アプリケーションプラットフォームとは、「EVM」という独自のアセット(トークン)を作成することができ、東南アジア全域で決済が可能な仮想通貨である「OMG」やエネルギー取引のプラットフォームである「POWR」など100以上のトークンが作成され、取引が開始されています。

もうひとつ紹介するならRipple(リップル)という仮想通貨も有名な仮想通貨です。リップルは、決済プロトコルです。現在の日本の銀行では送金しようと思うと平日の昼間しかできません。

しかも、海外に送金しようと思うといくつもの金融機関を経由し、送金されるため、多くの仲介手数料を取られてしまいます。

これらの不満を解決しようというのがリップルのプロジェクトです。すでに国内では61行がリップルの決済プロトコルを活用し、24時間リアルタイムに取引可能になりました。

送金にかかるコストも金融機関経由でかかるコストの33%は削減でき、XRPを利用すると60%までコストを削減することが可能になりました。

まだまだ世界で役に立っている仮想通貨はいっぱいありますが、仮想通貨の代表格として3つだけ紹介しました。

About the Author: cherokeeantiquerow