クレジットカード現金化で利用停止?リスクの少ない方法

クレジットカードの現金化をするメリットはキャッシング枠とは別に、ショッピング枠をお金に換えることができることです。

キャッシング枠のないカードを利用している人にとっては非常に便利な方法ですが、ほとんどのカード会社の規約で禁止されているため、利用する際は注意が必要です。最悪の場合は会員資格を失ってしまうこともあり、現金化どころではなくなってしまいます。

現在、クレジットカードの現金化をする主な方法は、「業者を利用した方法」と「自分でやる方法」の2つとなります。どちらを利用しても過程は同じで、換金率の高い品物を購入して、売却することでお金を得るという方法になります。

自分でやる場合は換金率の良い品物を検討することから始まり、購入してオークションなどで売る手間が発生します。また、売却するのに時間がかかりやすく、運が悪ければ1週間以上は買い手が付かない場合もあります。

これらの手間や時間を短縮してくれるのがクレジットカード現金化業者のメリットで、登録して指定された商品を購入さえすれば、ものの数分で入金されるので即時性のある換金が可能です。

それなら業者を利用すれば問題ないのではないかと思われるかもしれませんが、全ての業者が真っ当な営業をしているというわけではありません。中にはクレジットカードのセキュリティコードを騙し取って悪用したり、個人情報を盗み取るなどの悪徳業者も存在します。

また、真っ当な業者を見つけても、指定される商品に偏りがあるため、カード会社に監視されている可能性もあるのです。監視されていた場合、その商品を購入した時点で換金目的と推測され、いきなり利用停止処分を受けることもあります。

最近ではカード会社が厳しくなったため、カードによっては業者の方から断ることも増えてきたようです。このように業者を使った換金は意外にリスクの高い方法のため、安易に利用することはおすすめできません。

自分で換金する場合、前述のように手間や時間はかかりますが、安全性はかなり高い方だと言えます。購入する品物は偏りがなく、換金目的と思われることもほとんどありません。

定番となっている金券なども、普通に購入する人がいることから、換金を目的にしているかどうか判断しづらいからです。それでも利用停止処分を受ける人は、短期間で何度も購入するか、限度額一杯まで利用するからでしょう。

普段使わないショッピング枠をいきなり使うと怪しまれてしまうので、利用停止処分を回避するなら購入額はほどほどにしておくのが無難です。

換金までの時間はかかりますが、利用停止処分のリスクを考えると、自分でやる方法が安全性は高いと言えるでしょう。

ショッピング枠現金化の簡単な方法まとめ

About the Author: cherokeeantiquerow