これから急騰が期待できるアルトコインについて

アルトコイン
ビットコインの価格が200万円を突破しただけではなく、関連のビットコインキャッシュの価格も急騰するなどまさに破竹の勢いを誇っています。

ただ仮想通貨はビットコインだけではなくその他のアルトコインといわれるものにも大きな魅力があることは忘れてはなりません。

むしろビットコインの価格が急騰しているためなかなか手が出しづらいという方には価格の安いアルトコインに投資することで大きな利益を獲得する可能性が生まれてくるのです。

アルトコインの種類は数百にも上るといわれており選定が難しいのも事実です。

しかし選定基準を明確にすることで投資する際に絞り込みやすくなり、また急騰銘柄をピンポイントで狙い撃ちしやすくもなるのです。その選定基準は時価総額と利用技術の2つの観点からチェックすると絞りやすくなります。

時価総額はいうまでもなくコイン自体にどれだけの価値があるのか、またどの程度取引されたかの取引量を指しています。

つまるところアルトコインにおいても多くの人に購入してもらわないと価格には反映されないわけで、あまりにも小さすぎる時価総額のアルトコインは多くの人に目を向けてもらえないことも多いのです。

また利用技術にも着目してみると面白いかもしれません。最近急騰したリップルなどは大手金融機関などがドル円などの送金手段の代わりとして利用することなどを発表したことから一気に値段が高騰しました。

現実世界において利用される技術であるとその需要に比例してアルトコインの価値も騰がっていくのです。

この時価総額と利用技術の2つの観点から見ていくとあるアルトコインが絞り込まれてきます。イーサリアムクラシックとIOTAと呼ばれる2つのアルトコインが急騰候補に残ってきます。

イーサリアムクラシックはその名の通りイーサリアムからハードフォークされて誕生したアルトコインです。

イーサリアムの利用している技術であるスマートコントラクトを利用しており、イーサリアムとほとんど差異はありません。

イーサリアムがアルトコインの代表として値段が高騰しており、なかなか手を出しづらい現状がある中でイーサリアムクラシックはお手頃価格であり尚且つイーサリアムの高騰に合わせて連動するのでアルトコイン投資を始める初心者にはオススメです。

IOTAはIOTと呼ばれているインターネット時代に対応したアルトコインとして誕生し、Tangleという独自技術を利用しているのが特徴です。

インターネット使用料やプロパイダー契約料、またネットショップ利用などネット利用時の支払いなどを将来的に担うのではと注目されています。

独自技術を利用していることに加えて、時価総額は10位前後ですので小さくもなく大きくもなくまさに狙い目のアルトコインの一つだといえます。

これからアルトコイン投資を考えている人はイーサリアムクラシックとIOTAに注目してみると色々と面白いかもしれません。

2018年注目の仮想通貨まとめ